藤沢市辻堂のもとき内科クリニック|QI(クウォリティーインディケーター)

QI(クウォリティーインディケーター)とは?

病院やクリニックの行う医療の質を表す指標(インディケーター)のことです。その医療の質はどのように評価されるかというと、① 構造(ストラクチャー)、② 過程(プロセス)、③ 結果(アウトカム)の3つの側面があります。このなかで、結果(アウトカム)たとえば手術の成功率や癌の5年生存率などがよく情報として拡散されますが、じつは過程(プロセス)の評価が最も重要と考えられています。

なぜQIを公表するのか?

以前から医療の透明性ということが言われています。病院やクリニックで実際どのような医療が行われているかは、なかなか外からは分かりにくいものです。現在行われている質の高い医療とは、決して神の手の医療を意味するものではありません。エビデンスに基づいた医療をどれだけ提供できているかによります。しかし、実際は我流の治療であったりエビデンスのない治療が平然と行われています。確かに、エビデンスのない領域もあり、その領域では様々な医療が許容されますが、エビデンスが確立した領域でそれに従わない医療は本来認められるべきではないでしょう。QIはそれぞれの医療機関がどれだけエビデンスに基づいた医療(標準医療)を行えているかの一つの指標です。そして、QIを経年的に公表することで、常に医療の質の向上にむけた取り組みがなされているかが分かるのです。これがプロセスの評価となるのです。

QIの歴史

先ほどの医療の質の3つの側面の話は、1966年にAvedis Donabedianという研究者が論文として世に出したものです。臨床の現場でも1990年台以降、「根拠(エビデンス)に基づいた医療(Evidence-based Medcine;EBM)」が質の高い医療と認められるようになりました。その頃より、米国・英国・オーストラリア・ニュージーランドなどで国家レベルでQIを測定し公表しています。2000年台に入ってきてからはフランスやオランダなどでも国家主導でQI関連業務が遂行されています。諸外国に遅れること10年、本邦でも聖路加国際病院が先駆的に開始し、2010年厚労省は『医療の質の評価・公表等推進事業』を始めました。私の前職の湘南藤沢徳洲会病院(旧茅ヶ崎徳洲会総合病院)も当時よりQIの公表を先駆的に行ってきました(病院ホームページでご覧いただけます)。当時QI公表を行った病院は全国で30病院だけでしたが、いまでは300病院以上に増えています。

QI早わかり

何か難しいように感じられたかもしれませんが、QIとは“それぞれの医療機関が、どれだけEBMに基づいた医療を提供できているか、そして、どれだけ医療の質の向上に誠実に取り組んでいるか、さらに提供する医療に対する批判を真摯に受け止める気持ちでいるか”がわかる指標です。

QI.1喘息患者に対する吸入ステロイド処方率

喘息の基本治療薬は吸入ステロイドであり、すべての重症度に必須の治療薬です。以前は、気管支拡張薬単独や抗アレルギー薬の内服でコントロールを図ろうとしていた時代がありますが、現在では吸入ステロイドが第1選択薬です。病状によっては、吸入ステロイドと気管支拡張薬の配合剤を初めから処方することもあります。世界的に吸入ステロイドが使用されるようになってから、喘息死の患者数が激減しています。

当院 値の定義・計算方法
分子:喘息患者に吸入ステロイドを処方した人数
分母:全喘息患者数(2015年4月~2016年3月)

参考値の定義
日本における喘息患者実態調査2011
-Asthma Insights Reality in Japan:AIRJ 2011-

当院の数値はどうなのか?

全国規模の調査(AIRJ 2011)では、吸入ステロイドの導入率は成人で34%でした。当院では74.6%でありかなり上回った結果となりました。これは、呼吸器専門のクリニックであることも大きな要因と思われます。本来、すべての喘息患者に必要な治療であるので、結果は100%であることが理想ですが、高齢な方でどうしても吸入手技の習得が困難であったり、副作用で使用不可能な方は必ずいらっしゃるので、100%は現実的ではありません。しかし、なるべく導入率を増やすべく今後も工夫をしていきたいと思います。

導入率だけでなく継続率の向上も大切

吸入ステロイドを導入されても、1年後に継続できている率は何と10%程度という結果がでています。喘息もいろいろな病状の方がいますので、全員が継続が必要ではありませんが、成人発症の場合、約90%の方は継続していないと喘息のコントロールが悪化すると言われています。今後は継続率も上げていく努力をする必要があります。

診療カレンダー
6月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
7月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

:休診 :午前休 :午後休

M'sダイアリー
診療内容
  • 診療実績
  • QI(クウォリティーインディケーター)
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち