藤沢市辻堂のもとき内科クリニック|気管支喘息

気管支喘息について

気管支喘息は、空気の通り道である気道に炎症が起きる病気で、"ゼイゼイ""ヒューヒュー"という喘鳴(ぜんめい)が症状の特徴です。
気管支喘息の患者様の気道は過敏になっていて、アレルゲン(ダニ・ハウスダストなど)やウイルス、タバコや冷たい空気などの刺激が加わると、気道は狭くなります。気道が狭くなると、咳が出たり息苦しくなったりします。かぜの時に咳が長引いたり、出だしたら止まらない程の咳であったり、咳止めが効かないなどの特徴が当てはまるようであれば、喘息が隠れている可能性があります。

気管支喘息の原因

気管支喘息はアレルギーや大気汚染だけでなく、風邪などのウイルス感染も発症や悪化の引き金になることがあります。

気管支喘息の治療

喘息の治療薬には、発作を起こさないようにする薬と、発作が起きたときに使う薬があります。

  • 発作を防ぐための薬
    吸入ステロイド薬、効果が長く持続するタイプの気管支拡張薬(β2刺激薬、テオフィリン薬など)、ロイコトリエン受容体拮抗薬
  • 発作を鎮めるための薬
    速効タイプの気管支拡張薬(β2刺激薬)、経口ステロイド薬
診療カレンダー
6月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
7月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

:休診 :午前休 :午後休

M'sダイアリー
診療内容
  • 診療実績
  • QI(クウォリティーインディケーター)
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち