藤沢市辻堂のもとき内科クリニック|慢性咳嗽 長引く咳

慢性咳嗽について

かぜやインフルエンザをはじめとする感染性疾患の場合は、咳が2ヶ月以上続くことはほとんどありません。こうした場合に何が疑われるかと言えば、やはり呼吸器の疾患です。呼吸器疾患に、"咳"はつきものの症状だからです。
咳症状が2ヶ月以上続いたら、アレルギーや気管支喘息など、呼吸器の疾患が疑われますので、専門医による診察を受けましょう。

慢性咳嗽

咳が長引く、咳が止まらないといった場合は、慢性咳嗽の可能性があります。
医学的には、発症から3週間以内のものを急性咳嗽、3~8週間のものを遷延性咳嗽、8週間以上を慢性咳嗽と定義しています。

慢性咳嗽の原因

長引く咳や止まらない咳などの症状は、喀痰の有無によって、湿性咳嗽と乾性咳嗽に分けられます。

湿性咳嗽

湿性咳嗽は、湿った咳のことで、痰や鼻汁といった気道からの分泌物を体外に出そうとする生理的な反応です。
主な原因疾患には、気管支喘息、副鼻腔気管支症候群、後鼻漏症候群、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺がんなどがあります。

乾性咳嗽

乾性咳嗽は、乾いた咳が続くことで、咳嗽そのものが苦痛となる病的なものであるため、咳嗽自体が治療対象となります。
主な原因疾患には、アトピー咳嗽、咳喘息、ACE阻害剤による咳嗽、胃食道逆流症、喉頭アレルギー、間質性肺炎、心因性、気管支結核などがあります。

胃食道逆流症:胃の酸が食道に逆流することにより、食道粘膜を傷つけたり胸やけを引き起こしたりする疾患。

慢性咳嗽の診断

日本における慢性咳嗽の3大原因は副鼻腔気管支症候群、咳喘息およびアトピー咳嗽で、これらに続いて胃食道逆流症が増加してきていると言われます。
慢性咳嗽で、胸部X線検査や肺機能、炎症反応で異常があれば診断は難しくありませんが、異常が認められない場合は、一番疑わしい病気として治療をしてみて、その効果をみる、という診断と治療になります。

慢性咳嗽の治療

日本では慢性咳嗽の原因疾患としては咳喘息が一番多く、副鼻腔気管支症候群、アトピー咳嗽、胃食道逆流症、喫煙による慢性気管支炎、感染後咳嗽、薬剤による咳嗽などがこれに続きます。
誘発原因がわかっているものについてはそれを取り除き、それぞれの疾患に合った治療薬を選択することとなります。

慢性咳嗽は、それぞれ以下のような診断的治療を行います。

  • 咳喘息:気管支拡張剤や吸入ステロイド
  • 副鼻腔気管支症候群:去痰剤とマクロライド系抗菌薬
  • アトピー咳嗽:抗ヒスタミン剤
  • 感染後咳嗽:咳止めや気管支拡張剤など
  • 胃食道逆流症:プロトンポンプ阻害薬など
診療カレンダー
6月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829300102
7月
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506

:休診 :午前休 :午後休

M'sダイアリー
診療内容
  • 診療実績
  • QI(クウォリティーインディケーター)
  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち